婦人

迷った時は富士フィルムのグルコサミンに!

お腹の底冷え

寒がる女の人

ダイエット効果もある

女性は季節的に冷え性に陥りやすく、筋肉不足などのエネルギーの不足が原因の1つに挙げられます。また、お腹の冷えに悩む人も多く、この場合には意外にも摂取している食べ物が関係しています。例えば、チョコレートなどの甘い食品には白砂糖が使われていますが、糖分を摂取すると血糖値を下げるためにインスリンが分泌されますが、同時に体温も下げてしまい、冷えが生じます。また、アイスクリームなどの冷菓は内臓の熱を奪い、お腹を冷やしてしまいます。冷え性を改善させるにも甘い物の摂取に気を付ける一工夫で、ダイエット効果にも繋げることが可能です。間食などでは、アントシアニンなどのポリフェノールがエネルギー代謝を高め、冷え性の改善にも効果的でもあるため、黒豆やプルーンなどを用いた自然派おやつ食品を上手く摂取するのが適しています。

食品を発酵させる

季節問わず、慢性的な内臓冷えに悩む女性や子供は意外と多く、お腹の内側が直接冷えてしまい、下痢や便秘、腹痛などの症状を起こしやすくなります。内臓は冷えているものの、手足は熱を持っているのも特徴で、代謝の低下が原因と言われています。慢性的な冷え性は外側からよりも内側から温めることが大切で、冷え対策には巡りを良くする入浴も効果的です。また、女性や子供の場合には食品からの見直しが手軽な対策と言え、健康や美容にも結び付けるテクニックです。例えば、暖かい地方で採れる食材には水分が多く含まれているのが特徴で、水分と一緒に熱までも体外に排出してしまい、内臓までが冷えやすくなります。ポイントは熟成させることで、発酵した食品などが理想と言われており、糠漬けなどは水分が抜けると同時にアミノ酸などの熱エネルギーになる成分が増え、熱を作り出してくれます。黒ニンニクや黒生姜なども代表例であり、ポリフェノールを多く含みます。