婦人

迷った時は富士フィルムのグルコサミンに!

慢性的な目の疲れ

背広のメンズ

主な症状

眼精疲労とは、目の疲れが慢性的に続き、休息や睡眠をとっても改善しない状態のことを言います。症状は目と体の両方に現れます。目の症状としては、疲れやかすみ、痛みやまぶしく感じる等です。体のほうは肩こりや頭痛、めまいや吐き気が起こることがあります。一時的な目の疲れであれば、少し休んだり睡眠をしっかりとれば回復します。しかし眼精疲労の場合、生活を見直さないと症状が続き、体のあらゆる所に影響が出る可能性があります。現代はパソコンやスマホが普及し、目が疲れやすい環境となっています。エアコンや暖房による風も、ドライアイを引き起こし眼精疲労の原因となる場合があります。不調が長く続くと思ったら、ただの目の疲れと軽く考えずに診察を受けましょう。

原因と予防

眼精疲労の原因は様々ですが、大きく4つに分類されます。1つ目は、目の病気です。ドライアイや緑内障、白内障のほか、近視や乱視さらに老眼も原因となることがあります。これらの病気により目が見えづらくなり、何とかピントを合わせようと目を緊張させた結果、眼精疲労が起こると言われています。2つ目は、体の病気です。更年期障害や自律神経失調症、虫歯などで眼精疲労になることがあります。3つ目は、目の使い過ぎです。パソコンやスマホなど電子機器の画面を見る時間が長くなると、それだけ目が疲れます。4つ目は、精神的ストレスです。ストレスによって血圧が上がったり胃潰瘍になるのは有名ですが、目にも影響が出ることがあります。眼精疲労にならないために、パソコン等の画面はあまり見ないようにしましょう。どうしても長時間作業する必要がある場合は、適度に休憩をとって下さい。メガネやコンタクトは度の合ったものを使用し、定期的に検査を受けましょう。睡眠をしっかりとることも重要です。